東京の探偵の料金方程式を知る



基本的な料金方式

探偵の料金方式は、一見すると他の探偵と非常に似ている名称のものが多く、同一に見えることがあります。
しかし、探偵の料金に業界内で決まった設定というものはなく、探偵社ごとに設定をしています。
ですから、同じ名称だから内容まで全て同じとは限りません。

例えば、1つの探偵がとても依頼者に人気のある料金方式を導入すれば、
集客力があるからと、他社で同じ名称でありながら、まったく内容の異なるプランを設定することもあります。

ここでは、多くの探偵が導入している、基本的な料金方式を簡単に説明します。

・パック方式

時間単位、日数単位でまとめられた料金設定です。調査の対象者の行動パターンに合わせて選びます。
多くの探偵で設定されているごく一般的な料金設定ですが、諸費用の取扱いについて、各社に違いがみられ、
違いは、最終的な価格差として出てくるのでチェックが必要です。


・成功報酬方式

一部料金が、調査の成功・不成功によって変動する料金設定です。
成功条件を設定し、調査が成功条件をクリアすれば成功報酬が発生し、失敗すると成功報酬部分の料金がかからない。とされていることが多い。
成功報酬分の料金の他に、着手金や経費が設定されているので、調査が失敗しても、完全に無料になるわけではありません。
失敗すれば、完全に料金のかからない完全成功報酬とは、名称は似ているが、設定が違います。


・完全成功報酬方式

事前に明確な成功条件や調査機関を設定し、調査が成功条件をクリアした場合のみ、料金が発生します。
失敗した場合は、料金は全くかからない料金設定です。
依頼者からの人気の高い方式なので、完全成功報酬という名称でありながら、部分的に費用を請求されたり
成功条件の解釈を都合よく解釈し、無理に成功として料金を支払わせるトラブルがあります。
完全成功報酬で調査依頼をする場合、依頼先の精査が必要です。