調査料金と調査力の関係を相場から判断する方法



探偵の調査料金と調査力の関係を相場から判断

販売されているものやサービスにはすべて相場があり、探偵の調査料金にもそれは当てはまります。相場を知ることで、高すぎる、安すぎるを判断することができ、悪徳業者を選別することに役立ちます。
もちろん、理由があって相場より目を引く設定をしている場合もありますが、殆どの場合は、「怪しい。」と警戒した方が良いのではないでしょうか。

例えば安すぎる場合。実際に調査をしたのかどうかわからない。延長料金、追加料金、実費分など、表記的にまた最初の見積もりではは安かったはずなのに、最終的に支払う時になって、かなり高くなっていた。などあるようです。

ただ、探偵業を始めたばかりで実績、技術力を向上させる目的で、相場より安く設定している場合もあります。

高すぎる場合。必要以上に調査にあたる調査員数が多く設定されていたり、もともと全てにおいて高額設定なだけという場合があります。
料金設定が高ければ高いほど、調査力が高いのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、調査力を維持向上させるには、実地調査をコンスタントにこなすことが有効です。
ですから、調査力にこだわりを持っている探偵社ほど、依頼者の手の出しにくい料金設定にわざわざすることはないと思われます。

平均的な料金相場からかけ離れた設定をしているものは、選択肢から外す。これが悪徳業者に引っかからない為のポイントの1つにもなります。